心に余裕がないと、職場環境がなにもかも悪く見えてくる。

お疲れ様です。転職は全て異業種、羊と羽根です。

今回は職場環境が悪いと感じている方達への記事になります。

確かにあからさまに環境が悪い会社は存在しますが、心に余裕がないときは何もかもネガティブに見えてしまうものです。

この記事を参考に、一度立ち止まって本当に転職すべきかを考えてみてください。

心に余裕がないときのマインド

自分の心に余裕がないときは、どんな出来事も悪い方向へと考えてしまいます。

普段何気なく行っている些細なことでも、なにかと気にしてしまいがちです。

仕事中にどのようなマインドに陥るかを見ていきましょう。

①どんな頼まれごともイライラしてくる

あなたを信頼しているからこそ周りの皆はあなたに頼みごとをします。

しかし、余裕がない状態で頼まれごとをされると普段当たり前のように請け負っていることでさえストレスに感じてしまいます。

②職場の仲間を妬ましく感じる

会社の上司、同僚、後輩。

常日頃一緒に仕事をしている仲間たちに対し嫌悪感を抱きます。

③今の仕事を辞めたいとたびたび思う

このマインドまでいくとかなり危険な状態です。

口から出てくるのは会社への不平不満、仕事に対しての意欲低下。

仕事へ行くのも億劫になっていることでしょう。

心に余裕がない理由

どの仕事から手をつければいいのかわからない

積み重なっていく仕事でてんやわんや状態。

優先順位がつけられず様々な仕事に中途半端に手をつけている状態です。

相談できる人がまわりにいない

どういった判断をすればいいのかわからないときに相談できる方が周りにおらず、すべてが自己責任。

答えを導くまでに時間はストレスへとなりあなたへ見えないダメージを与えます。

帰宅しても仕事のことしか考えられない

仕事とプライベートを切り離すことができず、心の休養時間が十分ではないときです。

いくら頭で考えていても解決には結びつかないのでおとなしく翌日をむかえましょう。

心に余裕がないときの対処法

とにかく睡眠第一

睡眠不足は正常な脳の判断を鈍らせます。

家に帰ってスマホやTVを見たい気持ちはわかりますが、その割いた時間が翌日のあなたの体調を決定させます。

最低でも6時間30分以上の睡眠時間は確保してください。

今やるべき仕事を書き出し整理する

脳の中だけで処理しようとすると混乱してしまうことはしばしばあります。

一度今やるべき仕事を紙に書き出して目で処理してみてください。

視覚で捉えてから判断するとそこまで大変ではないと正確な判断ができるはずです。

自分が深く悩みこむほどほど相手は考えていないと気づく

誰かに仕事をお願いされたとき、必要以上に考えてしまうことはありませんか?

深く考え込みすぎてそれだけに多くの時間を割いていると次々仕事が増えていきます。

やってみたらあっけなく解決するということは多くありますので、考え込みすぎず行動してみてください。

心に余裕がないときの職場【まとめ】

心に余裕がないとき、冷静な判断はなかなかできないものです。

そのような状態での転職活動は勢い任せになってしまい、結果新しい職場でも同じ悩みを抱えてしまう可能性があります。

まずは落ち着いてひとつひとつの仕事を処理していき、それでもなお職場への環境が改善されない場合には転職を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました